Bring Heaven

一番身近な先祖とは?~お盆の時期の過ごし方~

 

 

こんにちは。

 

「しっかり浄霊カウンセラー」

米澤ゆきえです。

 

 

この時期の相談は、

ご先祖様からのメッセージを伝える機会が、

自然と多くなります。

 

 

お盆の時期の過ごし方、

2012年のブログより追記して、

今年も掲載します。

 

 

エネルギー(波動)の共鳴

 

 

私たちは、普段から、自分が発するものと、

同じエネルギーを引き寄せていたりします。

 

 

時には、落ち込んだり、悩むこともあって、

誰でも、ネガティブな気持ちになることもあります。

 

 

普段は、守護霊や守護神など、

あなたを守ってくれている存在もいますし、

 

 

あなた自身の努力や気力が

充満しているときは、

 

 

あなたの身体の周囲は、

光のバリアで守られています。

 

 

よって、時々落ち込んでも、

光のバリアが、

 

 

ネガティブなエネルギーを

寄せ付けないように

働いてくれるのですが…

 

 

落ち込んでる中で、さらに、

「気の悪い場所や人の多いところ」…

 

 

つまり「ネガティブな状態」に

長く身を置いてしまうと

 

 

あなたの気力は、

周囲に奪われてしまいます。

 

 

光のバリアよりも、

ネガティブエネルギーが強ければ、

その影響を受けてしまうということです。

 

 

「憑依」とは、簡単にいうと、

ネガティブな(負の)エネルギーに、

入り込まれる状態です。

 

 

ですが、憑依されても、

明るく、発展的な気持ちを意識することで、

 

 

同じエネルギーじゃなくなれば、

憑いたものはそこに居られなくなります。

 

 

どんなときでも、自分を受け入れ、

前向きな気持ちを取り戻せば、

 

 

次第に、

憑依霊(ネガティブなエネルギー)も、

いなくなります。

 

 

憑依霊(ネガティブなエネルギー)は、

人の身体を、

出たり入ったりしています。
そして、憑いたからといって、

必ずしもすぐ、

 

 

人体に影響を及ぼすものでもないので、

怖がらなくて大丈夫です。

 

 

私たちは、普段から、見えないものと、

共存しているのです。

 

 

 

天界とつながる時期~お盆~

 

 

さて、このお盆の時期には、ご先祖様ナゾの人が、

天界より許されて、子孫のもとに降りてきます。

 

 

ありがたいことに、

1年に1度、お盆という時期があることで、

 

 

私たちは、ご先祖様あって、

自分たちが存在していることを、

確認できるようになっています。

 

 

普段から、

家族間のトラブルや事故、

親戚と仲が悪い、など、

 

 

その家系全体で、

よくない状態が続いているようであれば、

 

 

先祖の魂(先祖霊)は、

今も苦しんでいて、

 

 

トラブルを通じて、子孫に、

何かを伝えたがっているかもしれません。

 

 

また、私たちの魂は、

前世や先祖から、因縁を受け継いでいて、

 

 

今、自分では思い当たらなくとも、知らぬ間に、

誰かに恨まれていることもあります

(怨念霊)

 

 

長年、続いている持病があるというときも、

先祖霊や怨念霊の影響が

あるかもしれません。

 

 

憑依は、普段から、

当たり前に起きています。

 

 

そして、前世や先祖、

今世の自分の行いなど、

 

 

「因縁」が原因である憑依の場合は、

盛んに出入りする、というより、

潜在的に潜んでいる場合もあります。

(今世の因縁なら「生霊」)

 

 

それが、、

心身の不調の原因だったりもします。

 

 

しかしながら、私たちが、

見えない世界の知識を持って、

 

 

憑いているであろう霊に、

謝罪をしたり、感謝したりすれば、

 

 

相手を納得させて、

出ていってもらうことも可能です。

 

 

それは、憑依霊を、

救うことにもなりますmomohana55さんの絵文字

 

 

そのためには、

強引に出て行け、とやるのではなく、

 

 

心をこめて、

相手に伝えることが大事になります

 

 

ちなみに、家族全体のトラブルとか、

期間も長く、憑依されている場合は、、

 

 

説得にも、時間はかかります。

(動物霊に化身した場合は例外)

 

 

お盆の時期は、

霊界との行き来が、盛んなとき。

 

 

ご先祖様が、

子孫のもとに降りてきます。

 

 

ご先祖様ナゾの人とは、

今も因縁でつながっているので、

 

 

お互いの状況が、

お互いの環境に

影響を及ぼしあっています。

 

 

先祖の魂は、

何世代もいますので、

完全に光になった存在だけでなく、

 

 

今も、学びの途中である先祖も、

たくさんいます星空

 

 

私たちは、先祖の長所だけでなく、

短所も、受け継いでいます。

 

 

先祖が、生前より、

徳を積んでいれば、上での暮らしもよく、

安らかに過ごされているでしょう。

 

 

そうすると、子孫の環境も、

同じようになりやすいです。

 

 

先祖が生前、悔いを残しており、

今も上で苦しんでいれば、

 

 

子孫も苦しい環境を、

引き寄せやすくなっています。

 

 

だからといって、

今の環境が悪いのは、先祖だけのせいか、

というと、そうとも言い切れません。

 

 

因縁は、

前世や今世の自分の過去の行いが、

作ったものもあります…

 

 

先祖や前世、

今世での因縁を解消するためには、

「徳を積むこと」が大事です。

 

 

簡単にいうと、、

自分自身、成長するために努力して、

 

 

また自分だけじゃなく、

他人に対しても、自分のように思いやり、

 

 

世の中のために、

今の自分ができることを行うこと。

 

 

私たちが、徳を積むことで、

因縁を解消できれば、

 

 

先祖の罪も、少しずつ

解消することができます

 

 

さらに、自分の徳積みを行った上で

直接、霊にアプローチする

「浄霊」を行うと、

 

 

恨んでいる霊の怒りが鎮まり、

恨む側、恨まれる側、双方に

気付きを得ることができます。

 

 

恨む側、恨まれる側、双方が、

相手に感謝の気持ちを持てたとき、

「因縁解消」がはじまります。

 

 

 

このように、ご先祖様と私たちは、

今も、密接に

関わりあっています。

 

 

先祖にとって、

子孫の成長は、

自分の成長にもなります。

 

 

よって、ご先祖様は、

その範囲内で、子孫を

守ることも許されます。

 

 

今は、お盆の時期お月見

 

 

まずは、静かな場所で、

ご先祖様に、手を合わせて、

日頃の感謝を伝える時間を持ちましょう。

 

 

遠くてお墓に行けなくても、

お墓がなくても、お墓がわからなくても、

お家で大丈夫です。

 

 

この時期、体調が悪かったり、

身体の一部に痛みがある方は、

 

 

とくに心をこめて、

ご先祖様に声をかけてみてくださいね。

 

 

見えない世界を信じて、

真摯な思いで、お祈りをすれば、

 

 

見えないエネルギーも、

見える、聞こえる形となって、

表れやすくなります。

 

 

 

また、離れて暮らしている

親や兄弟姉妹、お子様などにも、

この時期は、連絡をとれるとよいですね。

 

 

会えなくても、

「元気?」と一言、

声をかけるだけでよいのです。

 

 

一番最初の先祖は「親」であり、

家族との関係は、

先祖との関係も表します。

 

 

生きていても、天国にいても、

今、関係がうまくいっていなくても、

どこにいるかわからなくても、、

 

 

親がいたことで、

今、あなたが存在します。

 

 

あなたのこれまでの人生で

たくさんの良かったことを思い出して、

 

 

この世に生を与えてくれた親に

声をかけましょう。

 

 

親や家族に声をかけるだけでも、

その先の先祖にも伝わります。

 

 

あなたの心がけと行動から、

たくさんの先祖を救うことができます。

 

 

このお盆の時期、

少しの時間だけでも、ぜひ、

家族に思いを馳せてみてくださいね。

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

いよいよ、来週開講!!

 

 

しっかり浄霊カウンセリングの

「完全無料メール8日間講座」手紙

 

 

「霊」の話 「浄霊」とは何か

「見えない世界で何が起きているか」

知っておきたい「魂のルール」など、、

 

 

誰も教えてくれなかった大切な話を

配信します。

 

 

まもなくご案内です。

お待ちください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です